■47■ Dr.景流 着物の管理 【1、着用後の乾燥?】

  • 2011.05.24 Tuesday
  • 21:08
JUGEMテーマ:着物 きもの


 着物の管理で一般常識といわれている中には、
私からすれば「ちょっと違うのではないか?」というものがあります。

 私が潔癖性なのかもしれませんが、
職業として長年着物の直しや管理に関わってきた結果、
それは明らかな違いとして確信しています。

 着物を少しでも長持ちさせるには、
繊維やシミの性質を今一度考え直していただく必要があるのではと改めて思います。


 今回は私流の着物管理についてお話しましょう。


「着用後はハンガーにかけて十分乾燥させてから仕舞いましょう」

 さて、
本当にこれでよいのでしょうか?


 今日はこれについて考えてみましょう。

 これは「湿気を含んだまま、仕舞い込まないように」という意味なのでしょうが、
鵜呑みにするのはちょっと危険です。


 例えば汗染み。

 着物を着用すれば多少なりとも汗染みが付くとお考えください。
 汗により脇(両胸)や背中(帯下)が濡れることは多々あります。
 また額や首筋から流れた汗は衿を汚してしまうのは当然のことですね。

乾いてしまえば分かりにくくなるところに汗染みの落とし穴があるのです。

 汗をかいたという自覚がなくても
汗は体内から常に発汗され着物に徐々に浸み込んでいき、そのまま残ってしまいます。


 衣類とはそのようなものなのです。
汗をそのまま放置すれば将来変色してくる事は今まで何度も話してきました。
そのまま乾燥して仕舞ってしまうなんて、私からすれはとんでもないことなのです。


 実は、私は昔から人一倍汗かき。
そのため衣類の汗染みに関してはより神経質になっているのかもしれません。

 身に着けたものは毎日着替え、水で洗うのが理想です。
しかし着物はそうはいきませんね。また洋服の重衣料などもそうです。

 私は普段、ジャケットやスーツを着ないのですが、
たまの着用後には必ず脇の汗染みを水で処理します。
冬場の寒い時期でも脇は汗で濡れます。若い頃はこの体質を恨んだものです。

 夜遅く酔って帰宅しても、部屋に入らずにまず工房でシミの点検と汗抜き作業を済ませます。
それから初めてハンガーにかけて乾燥、保管です。


 そのまま放置し、時間が経ってすっかり乾燥してからでは、汗染み抜きの作業効率は落ちます
これは皆さんの着物についても同様です。

 理想は着用の度にプロによるシミ(汗染みを含む)の点検と処理ができればよいのですが、
現実的にそうはいきません。

 沢山汗をかいたと思われる時はそのまま乾燥や放置はしないで、
なるべく早めに専門業者に依頼をしましょう。




 次回は「■48■ Dr.景流 着物の管理 【2、虫干しは必要?】」です。
お楽しみに!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ blogram投票ボタン
大宮華紋森本(染色補正森本)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM