■46■ 訳あり商品の見分け方(9) 【未仕立て品 <5:緑青(ろくしょう)>】

  • 2011.05.16 Monday
  • 22:30
JUGEMテーマ:着物 きもの


 さて「訳あり商品の見分け方シリーズ」今回が最後となりました。
小夏さんいかがでしたか、このシリーズ。



 訳あり商品も確認すべきチェックポイントを押さえておけば
失敗することなく、お得にお買い物できるわけですね。
このチェックポイントを、お直しのプロから教えていただければ怖いものなし?(笑)
そのようなトラブルの着物たちを、長年見続けてきた先生から教えていただけるのは心強いです。
この成果を試せる日が楽しみですね。



 今回は以前にも取り上げた「緑青」についてです。
内容が重複しますので、詳しくは
「■17■ 緑青(ろくしょう)」こちらを見てくださいね。

 緑青は着物に使う金彩に発生した青緑色の錆のことです。
せっかくの美しい金彩がこの緑青によって台無しになることが多々あり、
和装業界では問題の一つになっています。
 訳あり商品をお求めになる場合、
新しいものなのか古いものなのかは、この緑青の程度でも判明します。

 緑青は最初綺麗な緑色に変色します。
原因がベンジン用ソープの残留なら、
この初期段階では溶解力の強い溶剤での洗浄で落ちてしまうことがあります。
 変色は年月とともに茶色に変色し、やがては黒くなります。



 あ!そういえば。
新品の商品でしたが箔が黒ずんでいるものを仕立てに預かったことがあります。
金の残っているものと交じり合っていましたので、
購入された方は、初めからそのような色と認識されていたかもしれませんね・・・。
 耳が黄色く変色していましたから、作られてから長く置かれた商品だったのでしょう。
お店の方は古いものであることは分かっていらっしゃると思いますが、
箔の変色には気付いていらっしゃったかしら?



 売る側は当然分かっているでしょう。プロなのですから。
多分ベンジン洗いでのソープの残留が原因ですね。
すでに変色しているところからしてかなり古い物なのでしょう。

 変色が進むと洗い落とすことは不可能です。
茶色に変色した時点で生地の劣化が見られ、摩擦で破ける可能性があります。
単にシミだと思ってご家庭でベンジンを使ってのブラッシングは大変危険なことです。
 我々の作業での事ですが、上手くいけば漂白という手段で分からなくなる場合があります。

 購入はこれらのことを十分わきまえた上で決断してくださいね。


 アンティークでは金彩部分が緑青段階を通り越し真っ黒に変色したものがよく見られます。
ファンにとっては、これらの変色や退色なども魅力として目に映っていることもあるのでしょうね。


 そうですね。
変色で本来の色が褪せたり沈んだ色合いになっていたり、
アンティークはそのくすんだ色合いがいい雰囲気に感じたりするのですが、
それがトラブルに繋がっては何にもなりませんね。



 魅力となると人の汗や汚れなども気にならなくなるのでしょうか?
 私は潔癖な性格ですから、衣料に関してはちょっと引いてしまうかもしれません。
しかし、子供の頃から骨董品が好きで、錆も磨き込むとまた別の魅力を感じるのは理解できます。
 仏像などは黒い方が迫力を感じますね。
古いものの美しさは時間の経過も相まっているのですね。



 あぁ、そうですよね。
潔癖な方にとっては古着はあまり気持ちのいいものではないのでしょうね。
 私もあまりシミや汚れのひどい物は遠慮しますが、
状態のよいものなら多少のことは気にならないです。
だって、今にはない遊び心や色使いなどそれを越える魅力がありますもん。

 それに、私には先生という心強い味方がいますから!
(景先生、またお直しよろしくお願いしますねっ。笑)

 それから最後に、緑青は湿気なども原因になると以前教えていただきましたよね。
着用後はよく乾燥させてから収納するようにすればいいのですね?


 それはそうなのですが…
う〜ん、それだけではまた別の問題が発生するかもです。


 でも、着用後は乾燥させてから仕舞うのは常識ですよね?
何か問題でもあるのですか?


 一般常識と言われているもの中には
私からすれば
「ちょっと待って!」というものがあります。
ではこの問題は次回ということにしましょう。



次回は「■47■ Dr.景流 着物の管理 【1、着用後の乾燥?】」です。
お楽しみに!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 
大宮華紋森本(染色補正森本)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM