■43■ 訳あり商品の見分け方(6) 【未仕立て品 <2:色ヤケのチェック(反物編)>】

  • 2011.04.25 Monday
  • 22:36
JUGEMテーマ:着物 きもの


 色ヤケとは主に紫外線によって地色や模様が退色したことを指します。
 まれに保管中のガスによる変色も見られますが、
今回は長期間の展示が原因のものについて掘り下げてみましょう。

 ヤケ変色がひどい場合は、直らなかったり直せても高額な費用がかかったりと、
このあたりが訳ありになった原因ではないかと考えられます。


 そうですね。
先生もご存知の通り、私も経験あります。
 「訳あり」をうたった格安の商品で、難があるのを承知(お直しするつもり)で購入しました。
先生に直していただきましたよね。未仕立てですが上前に大きなヤケのある振袖。(苦笑)
 上前だけに柄があり、あとは無地というシンプルな振袖でしたので、
袖を詰めて色留袖として再生したのでした。大宮華紋も入れていただいて。
 ひどいヤケを、素人判断でお直しお願いしてしまいましたが、
「これは酷いなぁ・・・」と仰りつつも魔法のように直していただきました。
その節はご面倒おかけしました。

 それ以来その安心感から、少々の難ありは「スペシャリストがついてるから〜」なんて
多少、気にならなくなってる自分がいたりして。(汗)
 先生にはご迷惑かけてます。すみません・・・。


 そう言えばそんなことがありました。小夏さんからの最初の仕事でしたね。 
 それでは対象となる商品を、反物と仮絵羽とに分けてお話していきましょう。


 はい!よろしくお願いします。


 では今回は反物の色ヤケ、チェックポイントについてです。


 色無地(反物)
 四丈物(表生地三丈+八掛一丈)の場合は、
表地と八掛の境目で折り返し、その部分を出して展示することがあります。
 まずこのあたりを十分チェックしてください。

 ヤケ変色箇所は、変色していない部分と比べてはじめて発見できます。
反物を広げるスペース確保が必要です。
 
変色箇所が中に巻き込まれていることもあるため、
反物の入り口はもちろん
のこと、中まで十分チェックを忘れないようにして下さい。


 小紋染め着尺(反物)
 反物の入り口が変色していることが多いです。
中には入り口から一丈もの広範囲に渡って変色しているものもあります。
時には
反物の途中で折り返して展示してあることもあるため、
一応全体のチェックが必要
です。

 これら色無地、小紋染め着尺の反物のヤケが発覚した場合、
仕立ての際の裁ち合わせ次第で、お召しになるのになんら問題ない場合もあります。

 それには、変色していない方から寸法を無駄なく取り、
残り生地(裁ち出す部分)に変色部分をあてます。
 どうしても隠せない場合は下前身頃(右前身頃)にもってくれば、
着用時には殆ど分からなくなります。

 仮にヤケ直し加工を必要とした場合でも、
仕立て上がれば下前身頃は外から見える面積が少ないため
加工料金は比較的安価で済まされます。

 上手くいけばお買い得品にあたる確率は高いのではないでしょうか。
どちらにしても機転を必要としますので信頼のおける仕立屋さんにご相談下さい。
もちろん当社でもご相談を承っておりますので、お気軽にお尋ね下さい。


 付下げ着尺(反物)
 反物の入り口から片袖、片身頃と変色していることが多いです。
つまり
右袖、上前(左前身頃)。広範囲だと左後身頃まで退色していることがあります。
 付下着尺の色ヤケチェックは、左身頃の脇の合い口と、
上前身頃とおくみ付けの合い口の3枚を必ず合わせて下さい。
 
付下げ着尺の場合は色無地や小紋のように
生地裁断時のやり繰りで隠せることはありません。
ご購入の前に十分ご検討下さい。


 以上の項目が反物の色ヤケのチェックポイントです。
ヤケがひどいものは反物の耳(側面)、また
反物の入り口の裏面も汚れやヤケがあります。
 お仕立てに差し支えがなくても、ヤケの程度の目安になります。
芯木棒の汚れも目安になることがありますので、この点にもご注意下さい。


 柄を見せる為に致し方ないとはいえ、お店で展示されてる間にもヤケは起こるのですよね。
長く保管されていたものなどは耳から黄色く変色が見られることもあります。
仕立てに預かった着尺にも時々見られる難です。
 微妙な色の違いの為、出来上がった時に隣り合う箇所の生地同士を並べて見てみないと
ヤケに気付かない場合もありますよね。

 お店で反物を目一杯広げるというのは、消費者の側からするとやりにくいですよね・・・。
 購入してすぐ、そのお店で仕立てに出すなら、
お店の側で対処してくださる場合が多いとは思いますが、
その時は安いからと購入だけしておいて、時が経ってから仕立てに出す場合は要注意ですよね。
 仕立てる時になって着用に差し支える難が見つかっても、
購入したお店ではもう対処してもらえないかもしれないですから。


 う〜ん、そうですね。
まず、お店では簡単に対処できないから「訳あり」になるというケースが多いんじゃないのかな。
訳ありの箇所を確認できれば一番よいのですが…
 どちらにしても、難が見つかれば購入先に即相談ですね。


 そうですね。なぜ訳あり価格なのか、
その箇所が分かりやすいよう、提示してあればよいのですよね。


 それから最後に、
もしガード加工をかける場合は、
仕立て上がって、全てのチェックを済ませてからにして下さいね。



次回は、「■44■ 訳あり商品の見分け方(7)
未仕立て品 <3:色ヤケのチェック(仮絵羽編)>」です。お楽しみに!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 
大宮華紋森本(染色補正森本)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM