■41■ 訳あり商品の見分け方(4) 【アンティーク・リサイクル <洗い張りの注意点>】

  • 2011.04.11 Monday
  • 22:28
JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 では今回はアンティークなど、かなり古いものの解き洗い張り(水洗い)についてです。

 帯などの織物を水に浸けるのがタブーなのは皆さんもご承知と思います。
しかしアンティークとなると染物でも安心はできません。

 アンティークは、第一に生地の劣化問題が挙げられるため十分な注意が必要です。
湯のしや洗い張りなどで生地が裂ける危険性が大きいのです。
カビの臭い消しとはいえ、うかつに水につけるのは非常に危険なことなのです。

 また生地の劣化以外に、
アンティークの友禅染めは顔料(水彩絵の具)を用いた仕上げを施したものが多く
それらは水洗いで取れてしまったり、泣く(にじむ)恐れがあります。

 例えば、植物柄の細かい部分や細いライン
松の荒枝(あらし)や花の葯(雄しべ、雌しべなど)。
また人形柄・人物柄の顔や着物のラインなどです。

 業者でさえも経験が浅いと、
うっかり失敗を引き起こしかねない
ので十分な注意が必要です。



 え!!
アンティークの友禅には、水につけると泣いてしまうものがあるんですか!!
それは充分に注意しないと危険ですね。
ん?でも・・・それじゃ、当時の人はどうやって洗ってたんですか?



 高価な手加工の友禅染めは水に浸けて洗うようなことは考えてなかったかもしれません。

刺繍を施したものが多いことからも、

当時の高級ものはプロによる部分的なシミ落とし作業が主であったと思われます。

 

その点、織の着物や羽織、型友禅(例外あり!)は水に浸けても大丈夫です。



 高価な手加工というと手描き友禅ですよね?
手加工と型友禅の見分け方ってどうなんでしょう?



 そうですね。
言葉や文章でお伝えするのは少し難しいかもしれませんが、
できる限り説明してみましょう。



 はい!よろしくお願いします。


 型染(板場染め)は、反物を板に貼り、
色別に何枚もの染型の上から、染料に溶いた糊をヘラで乗せて染めます。
 染料糊は生地の裏まで浸透しないため、色は裏まで染まりません。
従って裏を見れば型染だということが一目で分かります。



 なるほど。一目瞭然なのですね。
あ。でも、仕立て上がりでは裏を見ることは出来ませんが・・・。



 板場染めの見分けは簡単です。
決め手は同じ文様が繰り返されていることです。
当時は今の小紋とは違い、文様はかなり大きいですが連続文様には変わりありません。
 肩や袖の山で文様の向きが変わったり、また合口が合わないのも決め手です。

 次に型友禅の特徴のひとつに、
模様の周りの糸目(白いライン)の幅が揃っていないことが挙げられます。
 これは板場染(生地を板に張って染める)であるために起こる型のズレが原因です。
文様の色もずれてはみ出していることもあります。
注意をすれば直ぐに見分けが付きますよ。

 手加工では同じ模様の繰り返しはありません。
糸目の幅は揃って、彩色にも深みがあります。

 また数多く見ることで、型友禅の文様は裏まで染まっていない分
色目が浅いということも分かってきます。
 いずれにしても今の染物にはない特色が見られるのもアンティークの醍醐味ですね!



 なるほど。見方が分かっていれば、誰でも見分けることが出来るのですね!

先生!それでは、例外として水に浸けられない型友禅って、どんなものなんですか?


 そうそう、これ大事なんですよ。

この時代の型友禅は手加工と融合させたものもよく見受けられます。

型染でも刺繍や金加工、また水性顔料を使った仕上げの施されたものも少なくありません。

この場合は手描き友禅と同様の扱いが必要となります。

 


 なるほど!

アンティークはその性質をよく理解していないと危険なのですね。

 

お手入れに預けるなら、先生のようにアンティークの性質をよく理解した、

経験豊富なプロにお任せするのが1番ですね!!



次回は、「■42■ 訳あり商品の見分け方(5) 
【未仕立て品 <シミのチェック> 】 」です。
お楽しみに!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 

大宮華紋森本(染色補正森本)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM