■20■ 紛らわしい用語(その2)

  • 2010.10.11 Monday
  • 23:03
JUGEMテーマ:着物 きもの



 先生。
前回の「洗い」のつく用語の違い、これまで曖昧だったのが解消されました!
ありがとうございました。
今回は「地直し」「地入れ」、そして「湯とおし」「ゆのし」について教えて頂けますか?



 はい、分かりました。
じゃぁ、説明していこうね。

まずは「地直し」について。


     仕立て前に生地の歪みや伸び・縮みを確認して生地目を正す作業のこと。

     染色補正(染の工程で起きた難を元通りに修正する)のことを「地直し」と言い、
    それを専門とする職種を、業界では「地直し屋」と呼ぶ。



 私が通常使う「地直し」の意味は,如∋杜ての作業の大切な工程の1つです。 
先生の業界では△里茲Δ併箸なをされるんですね。
では、先生の職業は業界では「地直し屋さん」なのですね!


 それでは「地入れ」「湯とおし」「ゆのし」は、どうですか?
この3つ、私は”仕立て前に生地に施す加工”という認識ですが、
「地入れ」についてはその他にも使われることがあるという話を聞いたことがあります。
先生、それはどのような事なのですか?



 では、説明しましょうね。

「地入れ」

   大島紬や結城紬などの織物は、糸に糊を含ませて織るので、
    仕立てる前に糊を落とす必要がある。糊は湯に浸けておとすので「湯通し」ともいう。

 

◆  染め作業の前に、ムラ染めにならないようにするための前処理。

    「地染め(引き染)地入れ」と「友禅(模様場)地入れ」がある。

 

  友禅作業の際、ゴム糸目が生地にしっかり付くために、

    揮発油(ベンジン)で濡らすことを「キハツ地入れ」と呼ぶ。


以上のような3つの使われ方をします。

「地直し」「地入れ」は全く違った二通りの意味があるので紛らわしいね。
「地」は生地全体を指すので、異なった工程で同じ言葉が発生してもおかしくはないね。
「地入れ」の二種類も、それぞれの大切な工程の前に「地に手を入れる」の意味なのでしょう。



「湯通し」
これは、「地入れ」,諒面
同じ作業を違う名前で呼んでいるという1例だね。



「湯のし」
蒸気で生地幅や丈を整える作業。


あと、この他に今ではあまり使われない言葉で「ふかし」があります。
これは、染め物用に織られた白大島や白紬などの糊を、染める前に落とす作業のことです。



 なるほど。
「地入れ」という言葉には△里茲Δ併箸錣貶もあるのですね。
染めの製作過程の言葉は知らない事が多いです。覚えておきます!
それから、「地入れ」「湯通し」同じ作業のことだったのですね。
どのように違うのか曖昧なままだったのでハッキリしてよかったです!



 ところで小夏さん。仕立て工程の「地直し」の類で「地詰め」がありますね。
生地をあらかじめ縮めておく作業ですが、「地のし」とも言いますね。
これも紛らわしいですね。
「地詰め」については、また後日改めて取り上げましょう。



 はい。了解しました!


次回は「■21■ 帯のお手入れ」です。お楽しみに!


大宮華紋森本(染色補正森本)

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM