■4■ 摩擦における生地への損傷

  • 2010.06.18 Friday
  • 23:41
JUGEMテーマ:着物 きもの
 

 Dr.景です。
さて、今日は摩擦における生地への損傷について詳しく説明しましょう。
分かりやすいように整理してみるね。

以下各項目の損傷への対応策はプロによるものであり、
ご家庭で容易に出来る作業ではありませんので、実行なさらないようお願い致します。


 はい!景先生よろしくお願いします。


 【生地が水分を含んだ状態での摩擦】

 スレ
        

  絹は水分を含むとふやけ(膨潤・ぼうじゅん)傷がつきやすくなる。

  摩擦で繊維の表面がめくれ、毛羽状(毛羽立ちとは異なる)になる。

  正面からは見えにくく、斜めから白っぽく見える。

  上から色や柔軟剤を乗せることで多少見えにくくはなるが、根本的解決ではない。



 【生地が乾燥状態での摩擦】

 ヘタリ(アタリ)

  摩擦や圧力がかかり生地の表面が押され凹んだ状態。

  スレとは逆で正面からは白っぽく、斜めからは濃く見える。

  蒸気を当てることで、ある程度は戻せる。




 チョークマーク(業界用語)

  染の工程で生地に不純物が残り、生地の表面の弾力性が悪くなって、
  わずかな摩擦でも白ける。

  ヘタリ同様正面から白っぽく見える。

  蒸気を当てることや、十分乾燥させて表面をブラッシングすることで見えなくなるが、

  あくまで一時的なものであり、根本的な解決法ではない。




 毛羽立ち

  摩擦で繊維が縦に裂け、セリシン中にある分離繊維が表面に現れた現象で、
  毛玉(ピリング)の原因になる。


  

 いかがでしたか?
同じ摩擦でも生地の状態で様々に現象が変わってきます。



 摩擦による生地の損傷・・・角度によって見えたり見えなかったり、
その見え方も原因によって様々なんですね。
生地が水分を含んでいる状態での摩擦は厳禁と教わりましたが、
乾いた状態での摩擦でもトラブルが発生するのですね。



 因みに仕立て時の「へら」はアタリに属します。
あえて傷を付けて目印にするのですね。



 なるほど。
仕立て時のヘラ(印しつけ)が「アタリである」というのは納得です。



次は、「■5■ 水型への対応、応急処置」です。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM