■2■ 衿汚れの落とし方

  • 2010.06.14 Monday
  • 21:02
JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 小夏です。
では今回は私の質問から始めますね。

着物のお手入れ、着用の度にプロにお願いできれば良いのですが、
自分で出来る範囲は自分でお手入れしたいと思う方も多いのではと思います。
着用後、特に気になるのが襟元の汚れだと思うのですが、
その最たるものはファンデーションでしょうか。


 その通り、衿の汚れの多くはファンデーションですね。
しかし、体内から出る汗や脂肪分などが含まれていることも忘れないようにね。


 確かに!私たちの身体からは汗や脂肪分も出ますよね。
衿汚れの主なものは、ファンデーション+汗や脂肪分という事ですね。
襟汚れといえばベンジンが思い浮かびますが、これら全てベンジンで落とせますか?


 体内から出る脂肪分やファンデーションは油性のシミに分類されます。
これら油性の汚れは、ご承知のとおりベンジンで落とせますよ。
しかし、水性の汚れである汗はベンジンでは落とせないんですよ。
水性の汚れは水での作業が必要になるからね。

では、ベンジンでの衿汚れの落とし方を説明しましょう。
巻き藁
用意するものは、綿の柔らかい布とできればブラシ。
プロは「巻き藁」(画像の専用ブラシ)を使うけれど、
ご家庭では歯ブラシ(硬く毛先が平ら)がいいでしょう。




では手順です。


ベンジンで濡らして行くまず布にベンジンを含ませて衿を濡らします。
その際、汚れ部分だけではなく、
衿の隅々まで濡らすこと。
衿全体を濡らすのは輪ジミを付けないため。

適量を超えると衿からハミ出して輪ジミの原因になるから注意
もしハミ出た場合は十分にぼかしておくこと。



ブラッシング次に歯ブラシにベンジンをたっぷりしみ込ませ、汚れ部分を洗います。
そして素早くふき取りながらぼかしていきます。


ブラッシングは衿の向きに沿って行うこと。
生地に対して縦方向が原則です。

コツは狭い範囲内で多量のベンジンを使うこと。
ベンジンの量が少ないと生地への摩擦が大きくなります。


それから、洗い作業とぼかし作業は常に同時進行だということを意識してね。
ドライヤーで乾燥
乾かし方は旗がなびくように衿を振ります。
ヘアドライヤーを使う場合は、必ず冷風で周りから乾かすこと。



汗や変色が残る場合は、それ以上さわらないで専門店に依頼しましょう。
水での作業は家庭ではかなり難しいと言えるからね。



 景先生。衿汚れの落とし方、ありがとうございました!
ベンジンをたっぷり使うことが、生地を傷めないコツなんですね。
狭い範囲内で、たっぷりのベンジン。
けれど、衿からはみ出ない様に!ですね。
 ぼかす・・・というのは慣れるまで大変そうだなぁ。
回数をこなす事が1番でしょうか。


 もちろん。何でも慣れることが大切でしょうね。
ということで、ご家庭で出来ること、つまりベンジンで落とせる範囲は、
ほこりなどの薄汚れや簡単な油汚れ程度になります。

例えば化粧品ではファンデーション。
同じく油性でも口紅の場合、色素の濃いものはベンジンで落ち切らないかもしれません。
そのような濃い口紅やマニキュアなどは、溶解力の強いシンナーが必要になりますから、
ご家庭で出来る範囲を超えてしまうんですよ。


 なるほど。
油性でも色素の濃いものはベンジンでは落ちきらないんですね。
あぁぁぁ。 マニキュアだなんて、怖い怖い!!
着物についてしまったら、私は絶対怖くて触れないです。
先生の仰るとおり、プロに任せますとも。
先生!もしついてしまったら、お願いしますね!
(って、私マニキュア殆ど使いませんが)



 では最後にベンジン使用についての注意事項です。

ベンジン使用の際の注意事項
気化したベンジンは空気より重く、ガスは床に溜まります。

もしも火がつけば一瞬に部屋は火の海です。
ガスが溜まらぬよう扇風機などで部屋から掃き出しましょう。
ドライヤーのスイッチ操作は着物より高い位置で行ってください。
火花をガスに引火させないためです。
コンセントなどからの火花についても注意を怠らないようにしましょう。
静電気の発生を防ぐために部屋を乾燥させないようにも心がけてください。
ガスは人体にも有害です。吸い込まないように気をつけること




次回は「■3■ 油性と水性、シミの違い」です。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM