■36■ 彩色紋

  • 2011.02.14 Monday
  • 22:27
JUGEMテーマ:着物 きもの

 夕波兎・大宮花紋(彩色紋)



 「夕波兎」【大宮華紋(彩色紋)】

 今回は「礼装に彩色紋は大丈夫なのか?」というテーマですね。

 まず彩色紋とはどういうものなのか。
簡単に言えば「色の付いた紋」のことなのですが、
まず皆様は刺繍紋花紋などのお洒落紋を想像されると思います。

 では色の付いた紋はいつ頃から現れたのかをお話しましょう。


 前々回で申し上げた、庶民が紋を付け出した江戸の元禄頃。
お洒落のために様々な色の付いた紋も現れました。
 伊達紋加賀紋が普及しだしたのもこの頃ですね。
 小夏さん、一般には伊達紋加賀紋などの違いは曖昧なのではないでしょうか?


 そうですね。伊達紋という言葉は、先生からお聞きして始めて知りました。
それまでなんとなく曖昧なイメージのまま加賀紋・花紋を認識していたので、
明確な違いなど意識したことがありませんでした。
そういえば、「加賀紋」「花紋」共に、刺繍の印象が強いですね。

先生から教えていただいた伊達紋は、着物との組み合わせのストーリーや
大胆で遊び心のあるデザインがとても新鮮でした。
それまでのお洒落紋のイメージとは違う物でした。


 では伊達紋、加賀紋他、様々なお洒落紋について詳しくは当社ウェブサイトからどうぞ。
http://www.omiyakamon.co.jp/kamon/date/index.html

 一方、礼装は染の着物であり、
江戸時代から五つ紋の施されたものが最も格が高いとされてきました。
どんなにカラフルな友禅文様でも、紋は白抜きされた紋場に墨で上絵が描かれます。
モノトーンの家紋はまた別の世界なのですね。

 家紋は家のシンボルであり、紋の施される箇所は紋を崇めるように文様が配されます。
家紋が如何に大切にされていたかということが当時の着物から伺えます。

 洋装が普及してきた明治の頃から着物はフォーマルの道を歩みます。
カジュアルであった彩色を施した洒落紋がどんどん除外され、
大正時代には加賀紋などはほとんど姿を消します。

 色の付いた紋は礼装には不向きであるというのは以後も続いているようですね。


 私が考案した彩色法である「大宮華紋・おおみやかもん」もカジュアルからスタートしました。
ところが礼装である色留や訪問着にはけっこう注文が入ります。
 第一礼装である黒留にもまれにですが依頼はあります。
さすがに喪服にはまだありませんが(笑)

 しかし「葬式用の黒のネクタイに派手な色の花の紋を入れて欲しい」
という依頼を受けたことはあります。
「お葬式用にとんでもない」と私が話すと
「ネクタイの下辺りですから隠れて見えません」と返ってきました。

 結局「薔薇、百合、蘭、菊、桔梗」の計5本の制作となりました。
しかし見えないのに何故?
 江戸時代に繰り返された禁令時代では、豪華な文様を裏地や下着に。
人にとって、スリリングはある種快感なのでしょう。

 人とのちょっとした違いがお洒落につながるのですね。

 小夏さん、いかがでしょう?
 家紋の白と黒の世界とは違って西洋の紋章はカラフルですよね。
これからの着物は
フォーマル着であっても彩色紋が受け入れられる時代がくるのでは?と思います。

勲章
 例えばこの勲章のように!






 そうですね。
 例えば留袖などは裾模様で、上半身は無地です。
そこに色彩豊かな彩色紋を入れるというのは、紋にとって格好の舞台のようにも思えます。
よく、「留袖は上半身に柄が無いから、テーブルに着くと寂しくなる」
と仰っているのを耳にすることがあります。
そこに彩色紋が入っていれば、テーブル席も華やぎますよね。
また、彩られた家紋はそのデザインもより引き立てられ目を惹くでしょうし、
見る人の目を楽しませてくれるのではないでしょうか?



 当社ウェブサイト「大宮華紋」
http://www.omiyakamon.co.jp/omiya/index.html


次回のテーマは「■37■ 黒染め実情を考える」、
黒染め(主に喪服)の問題点についてです。お楽しみに!

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■35■ 女紋とは

  • 2011.02.07 Monday
  • 22:03

JUGEMテーマ:着物 きもの


 「女紋」という言葉は東日本ではほとんど知られていません。
何故なら女紋は関西を中心とした西日本の習慣だからです。
 一般に家紋は一家で共有しますので、夫婦は同じ紋のはずです。
しかし、関西では正式な場でも夫婦の紋が異なることが多々あるのです。

 昔からいろんな面で東日本と西日本では文化や習慣の違いがあり
紋の使い方も例外ではありません。
 しかし、これが様々な誤解の原因になっていましたから困ります。
紋ひとつで離婚にまでなった話もありますから驚きますね。

 
女紋と呼ばれるものには定義はなく、その場限りで適当に解釈されてきました。

では、例を挙げてみましょう。

    母譲りの紋

    家紋から丸を外す

    五三桐・蔦・揚羽蝶

    女性専用の紋

    女性らしいデザイン

    男紋とは異なった継承

    地域によって習慣が異なる

    嫁ぐ時に持っていく実家の紋

    嫁の紋

  女紋は小さい

 などなど、このように様々にいわれていました。
仮に共通点を挙げるならば、その家の家紋(男紋)とはデザインが異なるということです。
 しかし最後のは、着物に付ける場合の
「男紋に対して女紋は小さい」というサイズを示したものです。
この場合、女性は家紋を共有しているので、私の申し上げる女紋ではありません。

 ところで小夏さんのところは中部地方ですから、東と西の文化が入り混じっていますよね。
小夏さんから女紋についてちょっと語っていただけませんか?



 私の地方では、女性が着物に入れる場合には
上記のように家紋から丸や角などの枠を外すのが主流のようですが、
女性が使う紋を特別に「女紋」とは呼んでいなかったようです。
「おんなもん」というと紋のことではなく女性用の物「女物」という意味に取られてしまいます。
「女紋」という言葉は、景先生と知り合ってから知りました。

 あ、ですが、中には例外もあって、代々続く旧家などでは
その家の女性だけが使う紋を持っていらっしゃるお宅もあります。
私が知っている限りでは家紋に女性らしい装飾枠をつけたものでした。
この場合、女紋の元となる家紋には枠がついていないようです。

ですからこの場合は上記のになるんでしょうか。
嫁いで来たお嫁さんも含め、この家の女性は全てこの紋を使うそうです。
 


 この場合、の女性らしいデザインの外枠を付加して、家紋(男紋)と区別されていますね。
おっしゃるように家紋(男紋)同様その家に伝える女紋ですね。
これは「替え紋」という女紋に分類され大家に多い形です。


 外枠を外すのは関西から始まった習慣です。
西は九州の北部あたりまで。東は中部地方の東部まで行き渡っています。
静岡県でいえば大井川が境目ですね。
 これは「削除」といって家紋からの変化の中で一番手っ取り早い方法ですね。
「アレンジ紋」に分類されます。

 東日本から京都へ紋入れ加工を依頼の際、
丸付きの紋の場合に業者や加工職人がお客様の了解得ずに
丸を外してしまうことが多々ありました。もちろんトラブルが発生します。
 私がこの仕事に就いたのは1965年。長年ずっとこの問題で頭を抱えていました。
しかし最も大きな問題は女紋の継承です。

 関西は上記の母系継承という女紋の形が主流です。
結婚して苗字が変わっても母の紋を継承し続けるというものです。
つまり曾お祖母さん、お祖母さん、お母さん、娘、孫娘へと、女の子が絶えるまで続くわけなのです。

 これが「夫婦で紋が違う」「結婚しても婚家の家紋を使わない」などの理由です。
東日本の方たちに誤解されるのは当然のことですね。
 関西の方に東日本にはこのような習慣がないという話をすると、逆に驚かれてしまいます。

 今まで家紋研究家がこの問題に取り組まなかったのは、
女紋は家紋(家のシンボルとなる紋)ではないからです。
テレビの「ケンミンSHOW」同様、民俗学になるのですね。



 なるほど。女紋は民俗学ですか。
女紋の風習の違いは、家での女性の立場や関係性の違いのようにも思えますね。
 なんだか興味深いですね〜。

 ん?
でも、どうして着物ドクターがこの問題に取り組むことになったのですか?



 これはよく尋ねられますね

 今までにも業界から
「なんで染色補正師が
大宮華紋(彩色家紋集)』なんかやらはるのですか?」
などとよく言われました。
 それは 『女紋』 『家紋を探る』 の出版の時も同じです。「部外者が」とよく言われます。

 染色補正師はドクターですからね。
直すのと同時に予防にも力を注がないと駄目だと思います。
紋によるトラブルも解消したいと思うのは自然なことでしょ?
それにもっと紋を楽しんでいただければ、とも思います。

 著書『女紋』の内容は女紋の実態調査から分析。
そしてそれらを「6つの習慣」として分かりやすく分類しました。
また歴史やトラブル解消法などなど。情報は満載です。



 あぁ、そうだったんですね。納得です。
同じようなトラブルが繰り返されるのを見ていれば、
どうにかしたいと思われるのは当然ですね。
 きっと先生の本を読まれて救われた方も多くいらっしゃるでしょう!



 お陰さまで出版後は「長年のわだかまりが解決しました」などの内容のメールやお手紙、
またお電話など沢山いただき本の売れ行きも順調です。
 『女紋』には「大宮華紋(彩色紋)」もカラーページで紹介していますので、
彩色紋の注文もいただいています。



 あ、やっぱり。
「女紋」の複雑さゆえに困っていらした方も多かったでしょう。
先生、とても為になる本をありがとうございます!

 女紋といえば・・・先生の大宮華紋のように
装飾的なお洒落な紋をつけて楽しむことがありますが、
彩色された色つきの紋は礼装にはどうなのでしょう?



 その質問もよく受けますね。
では次回は「彩色紋」とうことで…



 はい!では次回を楽しみにしてます。


 
 景先生著書のご案内
文中にも出てまいりました 森本景一著 『女紋』 は、
大宮華紋森本(染色補正森本)サイト内にて好評発売中です。
ご希望の方は、注文ページよりご注文下さい。
詳しくは、こちらへ。

http://www.omiyakamon.co.jp/onna-mon/reservation.html


次回のテーマは「■36■ 彩色紋」です。お楽しみに!


 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■34■ 家紋は変えられる?

  • 2011.01.31 Monday
  • 22:10
JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 お客様からや、また講演会などでも
「家紋は変えられるのですか?」
という質問を受けることがよくあります。

 自分の家の家紋が嫌だとか、ありふれているなどの理由で
家紋を変えたいと思ってらっしゃる女性が意外に多いのです。
 呉服屋さんや紋屋さんに相談されると、
その答えのほとんどが「家紋は守るものであって変えてはいけない」とのようです。



 かつて武家において家紋は重要な役割をし、簡単に変えるものでなかったのは確かです。
しかし、逆に家紋を変えなければならない場合もあるのですね。
 それは本家から分家として分かれる際に、家紋にも区別を必要とした時です。
 その場合、本家の家紋を変化させるのですが、
その原型が何であるか一目で分かるようにアレンジするというものです。

 そういう制約の中で作られた家紋変化系の数はすさまじく、
現在確認されているだけでも30000種類を超えています。
姿を消したものや、まだ確認されていないものは未知数で、
おそらく想像を超える大きな数になるでしょうね。



 紋の数が増えだしたのは、戦国時代が終わり世の中が平和になった江戸時代の元禄の頃です。
それまで家紋は主に武家のものでしたがその頃から一般庶民も家紋の真似事を始めたのです。

 庶民の場合は武家のような決まりはなく、自由奔放に紋を付けたのですね。
単にアクセサリーとして、つまりファッションであったといえるでしょう。
 当時のファッションリーダーは歌舞伎役者や遊女達です。
今でいう俳優やタレントさん達ですね。
 そうやって庶民達が真似をし、驚いたことに
その庶民たちの真似を武士がするという逆転現象まで起こったのです。
結果、家紋文化は乱れましたが紋が広く浸透していく結果となったのです。



 その頃の紋章上絵師達はデザイナーとして腕を競い
様々なバリエーションを生み出していました。
紋帖は
家紋を伝えると共に、デザインブックの最たるものだったといえるでしょう。


 庶民は気楽に自分だけのオリジナルの紋章も楽しんでいたのですね。


 武士は権力により敵から家紋を奪い取る。
また譲り受けるなどで複数の家紋を持つことも常でした。
その内の一つを「定紋(本紋・表紋)」として国に届け公式に。
あとは「替え紋(裏紋・控え紋)」として非公式にと、それぞれを使い分けていたのです。

 小夏さん、いかがですか? 家紋は用途により使い分け、また楽しむものという考え方。



  素敵だと思います!
 紋帖を拝見すると、実に様々なモチーフの家紋があって、本当に楽しくなります。
こんなに楽しいデザインを使わないのはもったいないですよね。
 公式な場所ではともかく、お洒落で紋を使い分けるのも面白いですよね。
自由に楽しんでもいいですよね?

 先生はいかがですか?
替え紋、使い分けてらっしゃるんですか?



 いえ、私は我が家に伝わる一つの家紋
「割り梅鉢」というちょっと珍しい紋を大切に守っています。
「一族に伝わる」ということに私はロマンを感じるんですね。
 だから工房ののれんはもちろんのこと、Tシャツや作務衣の胸に付けたり、
ペンダントトップや携帯電話など、いつも家紋を身近に感じるようにしているんです。

 
家紋は国で決められたものではないので、考え方はそれぞれあってもいいと思いますが、

私達家紋研究家の立場からは、なるべく変えてほしくはありません。

何故なら、家紋は名字とリンクしていますので、名字からの調査が出来なくなるからです。
もしどうしてもと言うのであれば、モチーフはそのままで、アレンジ程度に留めてほしいのです。

ところで女性専用に付ける「女紋」は家紋ではありませんから、これはまた別物です。
(当社ウェブサイト内『我が家の家紋』)
http://www.omiyakamon.co.jp/kamon/wagaya/index.html

 
 先生のおうちの家紋は、他ではなかなか見かけない珍しい紋ですよね。
ありふれた物じゃなくて、”我が家だけ”なんて特別な家紋はロマンありますね!
伝えられた経緯や誕生秘話など知りたくなりますね。

 あ、そういえば我が家にも「女性だけがつける紋があったらしい・・・」
というような話を叔母から聞いたことがあります。
今は実物も残ってなく、叔母が見たという記憶の中にあるだけで形も曖昧なのですが・・・。
そんな話を聞くと、その家紋について知りたくなりますし、思いを馳せてしまいますね。
途切れてしまったのが寂しいです。
我が家にも女紋があったなんて、ちょっとロマンですよね。(笑)

 あ、そういえば先生の著書「女紋」には、
このような女性がつける紋について詳しく書かれていますよね!
読ませていただいて、地域による習慣の違いなど
「女紋」とは誤解も多く複雑なものなんだなぁと驚きました。

ん?でも、着物ドクターの先生が、なぜ「女紋」の研究を?



 あ、出版に至った経緯ですね。
はい、ではそれは次回ということで。




次回のテーマは「■35■ 女紋」です。お楽しみに!

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■33■ 紋の入れ替え

  • 2011.01.24 Monday
  • 22:24
JUGEMテーマ:着物 きもの

  「紋は入れ替えられますか?」
このような質問を受けることがあります。
とは言っても、はて? どのような入れ替えなのか…


 では次に様々なケースをあげてみましょう。 

   染め抜き紋が泣いたり、剥げたり、変色したものを紋形はそのままで綺麗に入れ替える。
   (泣くとは、業界用語で色がにじむこと)

    紋形はそのままで「染め抜き紋」から「縫い紋」に入れ替え。

    紋形はそのままで「縫い紋」から「染め抜き紋」に入れ替え。

    紋形の変更。「染め抜き紋」

    紋形の変更。「縫い紋」

    紋形の変更。「染め抜き紋」から「縫い紋」に入れ替え。

    紋形の変更。「縫い紋」から「染め抜き紋」に入れ替え。


 紋の入れ替えと一口に言っても、こんなにいろいろあるんですね。


 そうですよ。ですから「紋は入れ替えられますか?」と尋ねられても
以上の目的を確認しなければなりません。


 それで、入れ替えはできるのですか?


 結論から申し上げますと一応は可能です。
「一応」と言ったのは、作業に入らないと分からない部分が多々あり、
しかし手間はかかりますがなんとか格好はつくというものです。

 縫い紋には「手刺繍」と「ミシン刺繍」があり、それぞれの糸を解くと、
針穴や下絵がどうしても残ってしまう場合があります。

 染め抜き紋の場合は「手描き紋」と「印刷紋」があり、
中には手描きの墨や染料、印刷紋のインクが落ちきらない場合があります。

 特に古くなった紋場は、生地が弱っていると見越して作業を進めなければなりません。
無理をすると破れてしまう恐れがあるのです。


 あっ、笑うのですね。(笑)


 そう、紋に笑われてしまうかもしれません。(笑うとは、古い業界用語で生地が横に裂けること)


 では入れ替えができない場合もあるという事ですね?


 いえ、そうではありません。

 今挙げたような場合や、また紋変更の際に地色が抜けきらない場合には、
お客様に説明をした上で、やむなく樹脂胡粉(じゅしごふん・白の顔料)で
化粧をする場合があります。

 また、生地が傷んでいて破れそうな場合や、すでに破れている場合は
「切付紋・きりつけもん」・「貼り付紋・はりつけもん」などという、
別の生地に描いた紋を貼る方法があります。
 テレビや映画などの衣装やレンタルなどには多く使われていますね。
これは最終手段だと考えてください。

 どちらにしても紋の入れ替えは手間がかかります。


 紋の入れ替えにも、そのリスクを理解しておく必要がありそうですね。
お店の方や職人さんと相談して、納得の上で進めて行かないといけませんね。 

 では先生。紋を消すことはできるのですか?


 「紋消し」ですね。

 縫い紋の場合は糸を解いて下絵を落とせばよいのですが、
どうしても針穴や傷が残ることが多いですね。生地や紋の縫い方にもよりますが。

 染め抜き紋の場合は上絵を落として染料で紋場を染め込むのですが、
元々紋場というのは無地場と生地の条件が違っていますから、
完全に見えなくするというのはかなり難しいですね。

 私は「完全に消すことはできません」と答えています。


 なるほど。完全に消してしまうことは不可能なのですね。
一つ紋の着物で、無地や小紋などでしたら
前後の身頃を入れ替えて仕立て直せば見えなくすることは出来ますね。
(身頃を前後入れ替えれば、衿の中に入る縫い代に紋が隠れる。)

 最後に、もう1つ質問お願いします!
家紋は変えられるのですか?


 はい、これも私の専門分野です。
では、この回答は次回ということで…



次回は「■34■ 家紋は変えられる?」です。お楽しみに!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■32■ 紋の色落ち

  • 2011.01.17 Monday
  • 22:16
JUGEMテーマ:着物 きもの


 着物や羽織に施してある染め抜き色落ちがよく見られますね。
 特に黒紋付に多く、両胸からの汗や、
小さな子供を抱いた時に付いた水溶性の染みによる紋泣きです。
そしてによって泣いたもの。


 紋が泣くんですか?(笑)


 染着物の制作中に模様場の染料がにじんだりした時に、
我々の業界用語で「泣く」と言います。紋も泣きます…


 まさか、笑ったり・・・も、するのですか?(笑)


 笑います。
笑ってもらっては困るのですが…(汗)

 昔、父が言ってましたよ。
「弱った生地を、うっかり染み抜きで縦糸だけが切れた時に、
生地が横に裂ける場合があるんや。それを『あっ、笑いやがった!』と言うたもんや」
笑った口元を連想したのでしょう。

 下手をして着物に笑われてはいけませんね。


 そうですね。(笑) 


 さて、既製品の黒紋付の場合、
円に白抜きされたところ(石持ち・こくもち)に紋を入れるのが通常です。

 石持ちに紋上絵(紋形を表すライン)を描くには、
その紋の形状を白で残して石持ちを消さなければなりません。
つまり紋と地の黒との間の円を黒で埋めてしまうのです。

 まず手描き上絵の場合は、水性の黒の染料を摺り込みます。
そして蒸気で加熱して染付けますが、
通常は正規の染加工のように高熱で長時間蒸したり、
水元(水洗い)はしません。

結果、水がかかったり、体温の伴う汗などでは
色が落ちる可能性はかなり高いということになります。


 水に強い油性のインクを使う、印刷紋の場合は全くそのような心配はありません。
しかし、インクは地染めの染料に馴染みにくく、石持ちの円を消すのは至難の業です。
 そのため上絵はインクでも、石持ち部分は水性染料で消す場合があるのです。

 この場合は手描き同様に色泣きの危険性はあるということです。
綺麗に円を消すことを重視するか、
泣きを回避することに重点を置くかは職人に委ねられるわけですね。

 また描きたての紋は摩擦に弱く、仕立ての紋合わせの際は要注意ですね。
手描きの墨はニカワが乾ききるまで、印刷のインクも定着するまで
少し日数をみておかなければなりません。


 私たち消費者には分からない部分で、様々な問題があるのですね。
 でも、以前先生のところで何度も黒紋付を染めていただいていますが、
石持ちの跡は全く見えないですし、色が滲んだことも一度もありませんよね。
やっはり、これも技術の問題なんですか?


 これまでの、小夏さんからの紋付制作依頼は全て誂え(別注品)ですから、
白生地の段階で紋の形状に紋糊を置いて染めていました。
石持ちに糊を置いていませんから、ふち消しの必要はないのです。

そのための誂えですから、メリットがなければ意味ありませんよ(笑)


 あ!そうですよね。白生地からの誂えですから、
石持ちを作る必要が無いわけだ。(汗)
始めから紋の形に染め抜くんですもんね!

 ところで先生。
もし色が滲んだ場合、直すことは出来るのですか?


 はい、できますよ。
ほとんどの場合、仕立てを部分的に解かなければならないですが、直ります。
 紋泣きの場合もガードがかかっていれば、被害はうんと少なくて済みますね。
紋の職人さんには、紋の部分だけでも防水スプレー処理をするように薦めていますが、
現状は果たしてどうだか・・・。

「紋は泣くもんや、昔は皆気ぃつけたもんや!」
このような頑固な上絵職人さんもおられますよ。

 しかし、着物の日常着時代はこの職人さんの言うように、これが常識だったのですね。
 紋とはそういうものだとも私はお伝えしたく思います。
前回の「本物」に通じるところがあるかもですね。


 なるほど。昔の常識が今では通用しなくなったってことですね。
洋服では「色が泣く・・・」なんてことは、ほとんど出合わなくなって来ていますから、
洋服感覚でいると着物では思わぬトラブルに遭遇することもあるという訳ですね。

 「紋とはそういうもの」
分かりました!頭に入れておきます。


次回は「■33■ 紋の入れ替え」です。お楽しみに!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM