■30■ ガード加工を見直す

  • 2010.12.20 Monday
  • 22:38
JUGEMテーマ:着物 きもの


 ガード加工は各メーカーにより、多少の効果の違いはありますが、
あくまでも数値的なもので基本的に大きな違いはありません。

その特性について以下に整理してみました。

1【水染み】
  雨やその他、手洗いの際の水しぶきなどに効果を上げている。

2【油染み】
  撥油性については撥水より効果ははるかに低い。

3【食べ物の汚れ】
  水性ではあるが油の混ざったものは防げない。

4【飲み物など液状の食品】
  熱いものや、酸味のものは浸透する。

5【湿気・蒸気】
 ガードとは無縁に浸透する。

6【汗】
 流れる汗は水染み同様にガードしてくれる。
しかし体内から蒸気として発汗されるものは、蒸気同様に浸透する。
 また手の平の汗は油脂と共に付着する。
放置しておくと特に紺地や濃い紫地の場合は変色する。

7【縮み】
 水濡れによる縮みは防げるが、蒸気や湿気による縮みは防ぐことはできない。

8【カビ】
 湿気が浸透するため防ぐことはできない。
ただし、カビの除去は染みと同様に比較的容易になる。

9【染み落とし】
 加工後に付いた染みは、水性油性を問わず落としやすい。

10【染め替え】
 浸染(焚き染)の場合は、温度を上げることにより染め加工は可能。
 引き染の場合は浸透剤の併用で同じく可能。

11【通気性】
 水滴は通さないが空気は通るので通気性は変わらない。

12【風合い】
 ガード加工単体ならさほど影響はないが、
柔軟仕上げ剤を通したものとの複合で風合いは変わるようである。

13【ガード抜き】
 染め替えのためや、その他加工の前処理として「ガード抜き」工程はあるが、
浸透剤により一時的に効力をなくすものであり、完全に除去できるものではない。

14【持続性】
 ガード加工は簡単には除去できないため、持続性は良いということになる。
しかしガード液はフッ素樹脂のため、
ドライクリーニングを繰り返していけばその効力は次第に落ちていく。

 特にドライクリーニング(丸洗い)の洗剤(界面活性剤)の残留により、ガード効果は著しく落ちる。
しかしその場合は「洗い」に問題があるため、再洗いで残留物を除去すればその効果は復活する。

 また表面のホコリや汚れの付着でも効力が落ちることはあるが、
この場合でも洗いとプレスでガード効果は戻る。

 さらに染み落としの際のベンジン洗いや浸透剤でもガード効果は著しく落ちる。
この場合はアイロンなどの加熱でその効果は復活する。

15【色落ち対策】
 水濡れによる色落ち対策には効果はあるが、摩擦による色落ちは防げない。


 以上15項目のうち1【水染み】と、9【染み落とし】の2件がガード加工の特色で、
大きなメリットになります。

 この2つの項目以外は、ガード加工に対して期待を大きく持ちすぎないよう。
また誤解を解消していただくために書き上げてみました。
今一度、正しいご理解をいただきたく思います。

 仕立て下ろしの着物が大雨にあった。
初めての着用なのにパーティーなどで飲み物をかけられた。
などの出来事で、たった1度の着用なのにやむなく解き洗い張りをせざるを得なかった。
このような事態を私は何度も目の当たりにしました。

 そのためにもガード加工は安心材料だと思いますね。

 また染みや汚れが付きにくいのと、後々のお手入れも簡単で、
安価で済ませる事が出来るのも大きなメリットではないでしょうか。

 時に加工後に付いた染みは落としにくいと思っていらっしゃる方もおられるようですが
全く逆です。どうぞご安心を!


小夏さん、いかがでしたか?


 過大に効果を期待してもいけないわけですね。
 でも、私はしていた方が安心なので大切な着物には加工しています。
特に母が「ガード加工してて良かった!」っていう経験をしていますので、
そんなのを目の当たりにしていると、やっぱりしておいて正解かな・・・と思います。
していての不便やトラブルは今の所ないですしね。(笑)

 あ、そうだ。
先生?もしガード加工したものにシミが付いた場合、どのような対処をすればよいのでしょう?


 液状のものが水滴として生地の表面に付いた場合、
乾いたティッシュペーパーやハンカチなどで、吸い取ってください。決してこすらないように!
 また食べ物などの固形物もこすらず、つまみ取るようにしてください。
染みが残った場合、後は専門店に任せましょう。
汗染みについては専門店に「汗染み抜き」として依頼してください。


 基本的には加工してない着物と同じなのですね。

 先生!次のテーマなのですが、『色落ち』について知りたいです!
以前、緋の長襦袢を着て歩いたとき、摩擦で足袋に赤い色がついてしまったんです。

 色の落ちるものにはどのようなものがあるのですか? 
また何故、色止めに効果がないのでしょう?


 おやおや、最後に難しい質問ですね。
ではこれは次回にお答えしましょう。


 お願いします!


次回は、「■31■ 色落ちしやすい染め」です。お楽しみに!


※近年まれにですが、著しく撥水効力の弱いものが見うけられます。

このような粗悪な加工は例外といたします。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■29■ ガード加工で汗染み対策

  • 2010.12.13 Monday
  • 22:31
JUGEMテーマ:着物 きもの



 前回、「汗染みの予防対策にガード加工を!」と述べましたが、
以前{
■8■ (1) (2) } の2回に渡りガード加工について取り上げていましたね。
今回はその補足として別の角度からも話してみましょう。

 まずは汗の対策として有効だと述べた理由からです。
以前も説明した通り、
ガード加工は水滴は弾きますが蒸気は浸透します。
これは汗についても同様です。
つまり流れ落ちる汗は弾くのですが、
体内から蒸気として発汗したものは繊維に浸透するということです。


この場合の蒸気として浸み込んだ汗は、
ご家庭での霧吹きによる方法では落とすことはできません。

それはすでにご承知の通り、ガード加工後は霧吹きの水滴は浸透しないからです。
 しかし、
ガード加工していない着物に多量の汗が染み込むよりは、
その量は比べものにならないくらい少なく、その分のメリットは大きい
ということです。

 
ガード加工済みの着物に蒸気として染み込んだ汗は、
我々プロは浸透剤を併用し、さらにバキュームで吸引しながら
シミ抜きガンの圧力で取り除くことができます。
どうぞご安心を!



 ご家庭でも可能な対策で、汗の付きやすい衿や脇、そして帯下部分に
市販の防水スプレーをかけておくのも、ひとつの方法かもしれませんね。
その場合、袷なら裏からかける方が良いと思います。
裏が汗で濡れなければ表も染みにならないからです。但し体内から出る汗だけの効果ですがね。

 しかし
広範囲に汗をかかれる方はやはり正規のガード加工をお薦めします。
市販のスプレーで広範囲に吹く場合は、ムラになったり、
また火災の危険性や健康面でも問題が発生する恐れがある
からです。

 ところで、
ご家庭で部分的に防水スプレーをかけた着物の染め替え時には注意が必要です。
通常の染めでは、スプレーをかけた箇所は染料が弾くため染ムラになるからです。
必ず業者にそのことを伝えましょう。

事前に分かっていれば対処は可能です。



 防水スプレーなんていう対処法もあるんですね。
でも、直接着物にスプレーするなんて、なんだか怖い気が・・・。


 
あははは、そうですよね。ではハンカチなどの小布でテストすれば良いのでは?


 さて、話は戻ってガード加工のお話ですが。
ガード加工反対派のお客様からは次のようなことをよく耳にします。

「加工によりせっかくの絹を化繊化している」
たしかにそれは言えますよね。


しかし、絹を日常着にする贅沢とはメンテナンスも含めてのことではないかと思うのです。
 江戸時代、絹を日常着にしていたのは武家や富裕な町民達です。
メンテナンスは「御手入司(おていれし)」と呼ばれるプロ達。
しかしそれも万全ではなく、結果として香や匂い袋などを用いざるを得ない生活をしていたのです。
現代ではちょっと当てはまらないですね。



 絹の風合いを贅沢に味わうには、お手入れにかける時間や懐の余裕も必要というわけですね。
私は汚すのが怖くて躊躇しちゃうタイプ。
ガード加工はその迷いを払ってくれる安心材料です。
先日も少々の雨の中、絹の小紋で出かけました。
ガード加工、心強い味方です。



 私は様々な点でガード加工はメリットがあると思います。
しかしそれについては賛否両論。
特に風合いについては多少変わることも事実です。こればかりは生理的な問題ですのでね。

ですが間違った情報にまどわされ、皆さんの中にはまだまだ誤解もあるようです。


小夏さん、ガード加工について、次回もう1度分かりやすく整理してみましょうか。



 はい、そうですね。私も楽しみです。


次回は「■30■ ガード加工を見直す」です。お楽しみに!

※近年まれにですが、著しく撥水効力の弱いものが見うけられます。

このような粗悪な加工は例外といたします。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

大宮華紋森本(染色補正森本)

■8■(2) ガード加工について

  • 2010.07.19 Monday
  • 00:14
JUGEMテーマ:着物 きもの


  Dr.景です。
では前回の続き「ガード加工について(2)」を始めましょう。



 はい。先生よろしくお願いします!
さっそくですが、質問です。
前回、ガード加工の発油性は撥水性より劣ると教えて頂きましたが、
水以外は防げないのですか?


 私の経験からいうと、
水以外の汚れは付きますがとにかく落としやすいということです。
これもメリットとして大きいですね。


 へぇ〜。水の安心に加え、その他の汚れも落としやすくなるんですね。
では、よく耳にする通気性については?


 水滴は通しませんが空気は通ります。なんら問題はありません。


 やはり、そうなんですね。
では、効果の持続性はどうでしょうか?


 ベンジンによるシミ落としや、ドライクリーニングの液でその効果は著しく落ちますが、
プレス仕上げの熱で復活します。
しかし、何年もドライクリーニングを繰り返せば若干効果は落ちてきます。
特に撥油効果の方が落ちやすいですね。



 なるほど。効果が落ちても熱で復活するんですね!
ふむふむ。ドライクリーニングの繰り返しで、効果は若干落ちる・・・っと。
では、ガード加工後の洗い張りや染め替えは大丈夫ですか?



 ガード加工後に付いたシミは落としやすいので、
部分的なしみ抜き同様、洗い張りもなんら影響はありません。
色抜きや染め替えも大丈夫です。



 へぇ〜。洗い張りも染替えも大丈夫なんですね!!
では、よく言われている生地の風合いについてはいかがですか?


 各メーカーにより液の濃度には若干の違いが見られ、
中には風合いが多少変わる場合があります。
また生地によっても風合いが変わる場合もあります。
しかし、その多くはすでに施されている柔軟仕上げ剤との複合によるケースが多いのです。
ガード加工だけの責任ではありませんが、
もし著しく風合いが損なわれた場合は依頼先に相談してみてください。


 私は風合いが著しく変わった・・・という経験はありませんが、
そのような場合もあるのですね。
柔軟仕上げ剤との複合ですか・・・。新たな問題が出て来たのですね。

では最後に、
反物での加工と仕立て上がった着物への加工には違いがあるのですか?


 反物状態と仕立て上がり状態では若干の違いが出ます。
仕立て上がり品では縫い糸も含め、全てに加工がかかります。

ところで、各種ガード加工によっては加工時の乾燥工程で生地が縮むことがあります。
仕立て前の地詰め(生地をあらかじめ縮めておく工程)が十分になされていない場合に起こりやすく、
その理由としては次のようなことがあげられます。

縮みが激しく風合いが変わってしまう生地、また模様の位置づけや古物の仕立て替えなど
生地の断ち切り寸法と仕立て寸法との兼ね合いで地詰めが制限される場合。
その結果、時間と共にくるはずの縮みが、ガード加工の乾燥で瞬時に出たものだといえます。
このケースの多くは、仕立てやガード加工以前の問題だといえるでしょう。
伸縮性の高い生地には注意が必要です。


 確かに地詰めが甘いと縮みがでる事もあるでしょうね。
生地によっても縮み方や性質など違いますから難しいところです。
仕立ての立場からも気を遣う工程です。
胴裏、八掛、表地と3種類の収縮率の違う布地を表裏同じ丈でピッタリ縫い合わせるという
着物自体の構造からも縮みによる型崩れ(袋)などはついて回る問題なのでしょうね。

先生、ありがとうございました。


次回は、「■9■  ベンジンでも油断はできない」です。

※近年まれにですが、著しく撥水効力の弱いものが見うけられます。このような粗悪な加工は例外といたします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

■8■(1) ガード加工について

  • 2010.07.12 Monday
  • 00:05
JUGEMテーマ:着物 きもの


  Dr.景です。
さて今日はガード加工について話していきますね。
ガード加工については皆さん賛否両論なんですが、
小夏さんはどのように思っていらっしゃるでしょう?


 そうですね・・・。
絹本来の風合いを損なうとか、通気性が悪くなるとか、そんな話も耳にしますが、
私自身の経験では、加工したことによりメリットの方がが大きかったので
自分や家族の着物にはガード加工をしています。
(風合いや通気性の悪さというのは特別気になる事はありません。)
本来の絹を存分に味わうには、加工しないに越した事はないと思うのですが、
近頃の着物には販売される時点で、すでに色々加工されている物も多いですよね。


 確かに近年は絹に様々な加工が施され、
本来の絹の風合いは失われつつあるかもしれません。
そうそう。「ガードをかけることにより、せっかくの絹を化繊化しているのではないのか!」
と言う声もよく耳にしますね。本当に絹のファンなんですね。

しかし、本来の絹を楽しむ以前に、
メンテナンス面での不安が着物を着る機会を少なくしているのも確かだと思います。
ガード加工代は安心代だと考えればいいのです。


 はい、確かに。
ガード加工することで臆することなく絹の着物を着られるようになりました。

あ、先生!ガード加工って、各社いろいろな名前で出ていますよね?
メーカーによって効果の違いとかあるんですか?



 そうですね。各社少しずつあると思います。
例えば撥水効果や撥油効果です。
しかしそれは数字レベルであって、そんなに大きく開きが出るものではありません。


 え?撥油効果もあるのですか?
油ジミは防げないと聞いたことがあるのですが。


 ガード加工はフッ素樹脂を使っていますので、水には強いですが、油には弱いですね。
何もしていないよりはマシだと解釈してください。



 なるほど。何もしていない状態よりは発油効果がある・・・という程度なんですね。
では水性のシミには効果抜群ということですか?


 水には強いですが、浸透性の良いものは防ぎ切れませんので注意してください。
例えば、ジュース、酒、熱いものもです。油の混ざっている食べ物も要注意ですね。


 そうなんですか。水性のものなら何でもという訳でもないのですね。
では、汗は?



 流れる汗は水滴となり弾いてくれます。
しかし、体内から蒸気として出たものは残念ながら繊維に浸透していきます。
つまり蒸気や湿気は駄目ということです。



 液体の状態でないと弾いてくれないのですね。
では、湿気や蒸気は浸透するとなると、湿気による縮み防止にはならないのですか?


 そう、完全な縮み防止にはなりませんね。
ガード加工はあくまで大粒の水を防ぐものだと解釈してください。
例えば急な雨に遭うとか、食事の際に水をこぼしたとかです。
これは大きなメリットですよ。



 はい!それは経験済みです。大きな痛手にならずに済みました。
ガード加工は湿気による縮み防止にはならないのですね。分かりました。
では、本日はこのあたりで。

先生、次回「■8■ ガード加工について(2)」もよろしくお願いします!

※近年まれにですが、著しく撥水効力の弱いものが見うけられます。このような粗悪な加工は例外といたします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM