■14■ 紫外線

  • 2010.08.30 Monday
  • 07:00
JUGEMテーマ:着物 きもの


  紫外線は染物にとっては大敵です。
それは退色の第一の原因にあげられるからです。

前回も話したように、虫干しの際、窓から差し込む太陽光線により
着物の色が黄色く変色したものがよく見られます。
ハンガーにかけたまま長期間忘れてしまうのでしょうね。
その時のシワの形のままで、光にあたったところだけが黄色く変色してしまっているのです。
蛍光灯も紫外線は出ているので注意が必要です。

着用時は仕方ないとしても、虫干で光は必要ありません。



 先生、1つ疑問なのですが、紫外線に当たるとどうして黄色くなるのですか?


 難しい質問だね。
簡単に言うと、紫外線によって紫色の分だけ無くなってしまうのだと解釈してください。
黄色は紫の反対色。専門的には「補色」といいます。
紫と黄は補色の関係にあり、紫が無くなればその補色の黄色が残ってしまうのです。


 ほぉ。色彩の理解が必要ですね。
なんか難しそうですが、興味が出てきました!
シワの形で黄色く変色したものも直せるのですか?


 基本的には紫外線によって無くなった色目と、その分量を補うことで直ります。
それが「染色補正」といいう仕事。「染物を正しい色で補う」とあるでしょ!



 ほほぉ〜。
それで先生の手に掛かれば、魔法のように直ってしまう訳だ!!


 しかし、それも程度の問題です。
変色がひどかったり、広範囲過ぎたりした場合は直りにも限界があります。
無地のものなどは解いて染め直した方が結果的に良い場合もありますね。


 あぁ、そうですよね。
誤って変色させてしまった場合、染め替えるという手もあるわけですね。


 我々の業界ではこのような退色や変色のことを「ヤケ」と呼んでいます。
このヤケをできるだけ遅らせようと、様々な耐光堅牢度の高い染料の開発もなされてきました。
しかし、一つの問題が改善されるとまた新たな問題も出てきます。


 新たな問題ですか・・・。で、その問題とは?


 その問題とは、
  1、鮮やかなブルーや紫が発色しにくい。
  2、抜染性が悪いため、染め抜き紋の加工の際に手間がかかる。
  3、引き染の際に染ムラが出やすい。
などがあげられます。

私もモノ作りをしているので、
これらの問題を踏まえながら、その場に応じて最善を尽くしています。


 技術の進歩と共に新たな問題も起こってくるのですね。
その問題に対処できるよう、先生をはじめとする職人の方々も
日々努力や研究を重ねていらっしゃるんですね。


 さて、次回は話の流れで「ガスヤケ」と、いきましょうか…


 はい!よろしくお願いします!!


次回は「■15■ ガスヤケ」です。お楽しみに!


大宮華紋森本(染色補正森本)

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

女系の絆 女紋


『 女 紋 』  森本景一 著 
A5版135頁 1,500円(税込)

ご希望の方は「大宮華紋 森本」サイト内、『女紋』販売ページよりご注文頂けます。

ブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

当ブログについて

当ブログ記事内の画像や 文書の無断の転載や複製・ 類似・引用等は堅く禁じております。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM